テルミー療法

テルミー療法とは?

金属性の2本の器具(冷温器)に生薬成分の入った線香(テルミー線)を挿入し火をつけて、皮膚の上を擦っていきます。熱くなく、心地よいあたたかさで、血液やリンパの流れを促進し自然治癒力を高めます。直接、皮膚に触れられない時は、スコープという器具を用います。 お着替えは、当院にありますので、申しつけ下さい。

テルミー療法の特徴

  • 赤ちゃん、妊婦さん、お年寄りまで安心して受けられます。
  • 副作用がなく、医薬品との併用も差し支えありません。
  • テルミーのぬくもりは、優しくおだやかです。

治療器説明

冷温器

万年筆程の大きさで、外管、内管からなる金属性の器具で基本的に2本1対で使用します。この器具で直接皮膚に摩擦してゆきます。

 

スコープ

スコープテルミー線を3~5本挿入し使用します。患部にたくさん熱を入れたい時や、傷などがあり皮膚に触れない時に使用します。

 

テルミー線

テルミー線科学的、医学的な裏付けのある有効な成分で、ひのき、びわの葉など数種類の生薬の入った太い線香状のもので、テルミーの熱源です。これに火をつけて冷温器またはスコープに入れ施術します。

こんな症状におすすめ

捻挫
なかなか腫れ、痛みが引かない症状など。
五十肩
夜間痛があり夜起きてしまう症状、運動時に痛みが出る症状など。
膝痛
椅子から立ち上がる際、または、階段の昇降時に出る痛みの症状、
水がたまっている症状、天気による痛みが出る症状など。
腰痛
ぎっくり腰、慢性的な腰痛など。
スポーツ障害
シンスプリント、テニス肘、野球肩など。
成長障害
オスグットなど。

テルミー療法の歴史

テルミー療法は日本生まれの健康療法です

テルミー療法は、1929年に日本で発明されました。
愛知県出身の医師・伊藤金逸博士が20年に及ぶ研究によって
完成された健康療法です。
テルミーとは、ギリシャ語で温熱療法を意味します。

テルミー療法を受けた感想

テルミー療法を受けた、第一声は気持ちがいい、あたたかい、さっぱりすると言った感想が聞かれます。身体があたたまり、持続します。お灸とマッサージ、ハリをミックスした感じの治療法です。

テルミー療法を過信せず、医療の適期を失わない事が大切です。
症状の継続、増強が見られた場合は、医師の診察を受けましょう。

 
スマートフォン | パソコン

はーと鍼灸接骨院

048-871-8633

治療内容

各種保険取扱い、交通事故、労災、鍼灸治療、テルミー療法

対応可能な症状

骨折、脱臼、捻挫、打撲、肉離れ、スポーツ障害、交通事故、
首・肩・腰・膝の痛み、自律神経の調整、頭痛、不眠など

受付時間
 
8:30~12:00
14:30~20:00

※土曜午後は14:30~18:00まで
休診:日曜日・祝日

住所

〒331-0813
埼玉県さいたま市北区植竹町1-719-9 ファインスカイ大宮101

アクセス

JR土呂駅より徒歩15分
東武バス 警察学校入口バス停よりすぐ
駐車場2台あり